「生きる」 生きている限り、こうして私は日々前に進む 疲れても尚④「自分の思考の可能性」

ツイート④

日々自分が見たり、考えたりと
色々な思いを綴りたいと思います。

足らない自分が再度読み返し
また改めて自分に言い聞かす かえりみる

日常見たり 聞いたり 感じたりした
感情を 書き残す為

短編はTwitterで記載

あなたにも伝われば嬉しいです





「生きる」 生きている限り、こうして私は日々前に進む 疲れても尚④「自分の思考の可能性」

投稿

誰かに 心の愚痴を
言ってしまいそーな時

一端のみ込み もう一度
その言葉を
出していいものかを 考える

言葉は凶器にも なるから

そんな時は まず自分が
何故 そう心で思ったのかを 考える

今回は、ただただ寂しかった
心が あったからなのかも……

心の中に顔を出す 「何故…?」

対相手と話していて ふとした言葉や態度に対し
心の中で 愚痴や不満な思いが出てくる時がある

ちょっとした事に
何故 その様な 言い方をするのか・・・
何故 その様な 態度がでるのか・・・
何故 何故 何故・・・

と出てくる
疑問と捉えられた事が 愚痴や不満に変化してしまう

そんな時、その感情を
相手への伝え方まで考えず
すぐ言葉に出してしまいがちだ
(私の場合は特に)

口から言葉にして 出してしまってからは
後戻りは まず出来ない

余程の冷静さを
その時 持ち合わせていない限り
とっさに出てしまう言葉は
自分が思っているよりも
相手に伝わる可能性が 低い

何なら相手にとっては こちらの言い方ひとつ間違えば
凶器にもなり得るからだ

言葉にのせて、思いを伝えるという事は
難しい事でもある

 

そういう時 まずしてみる事

自分が 何故心の中で
疑問になったのか

自分の気持ちに対して
思考を巡らす

自分を知る事が必要
感情をコントロールする為でもある

コントロールと言っても
マイナスの意味ではなく

冷静に自分を知る
相手の感情、性格 言葉の意味を
考える意味でも必要なのだ

自分の思った事を
感情だけで話し
ぶちまける様では
何も解決しない

これこそマイナスにしかならない

冷静に自分の感情を
考える時間として絶対に行った方が
ラクに物事を見定める事が可能になるのだから

このツイート時の私の場合

この時の私に関しての
心の想いは
ただただ 寂しい思いだった

相手に対して
ただ自分の想いや考えを
知ってほしかっただけであった

相手を別に強制したい事ではなく
自分はこう考えていると伝えたいだけであった

しかし
伝える言葉を間違えたのだろう

想いや考えをただ一言
寂しい気持ちとだけ
伝えてみるだけでも良かったのかもしれない

まとめ

言葉にする重要さ
難しさは
自分で学ぶしかない事だろう

人から逃げていては
相手も自分の事を知ってもらえない
自分も相手の事を知る事が出来ない

対人と関係を持つ事は
心が苦しくなる事も
間違いなくある

しかし その先には
苦しい思いをも遙かに超える
楽しさ 心の安らぎ 温かさなどを

体験できる

山があるなら上る ゆっくりじっくりでいい

タイトルとURLをコピーしました