【元プロが伝授】掃除回数を減らして キレイを保てる方法(お風呂編)

掃除

毎日 お風呂の掃除をする事にこしたことはない
しかし、つい忙しくしていると
おっくうになってしまう

寒い冬ともなると 
ツラい掃除場所の一つとなる

何とか掃除回数を減らしたいなぁ…

でもキレイな状態は できるだけ保ちたいのよね…

このお悩みを 解決!!

掃除をした後の
毎日の お風呂後に 
たった3つの事をするだけで

お一人の方も ご家族がいる方も 
できる方法!

お風呂に入った後
浴室から出る時がチャンス!

★ 2種類の温度で 壁&床 に
  シャワーをかける
事!!
★ 換気扇を最大活用する!!

洗い場の床に関しては同じ作業だが


壁にかけるシャワーの位置が
2パターンある
ことを知っておこう



洗い場
立ったまま 
 シャワー(かけ湯)を
される方

お風呂用いすに座って 
 シャワー(かけ湯)を
される方


この2パターンによって 
壁にかけるシャワーの位置が変わってくる

それでは作業開始 

お風呂に入った後(もう浴室から出る時)

 
50度ぐらいにシャワーの温度を上げる
やけどには 
   くれぐれも注意してください

まず 壁全体をシャワーで流す
 (シャワー向き 
    上から下へ向かうように)
 
 ①立ったままの方
  シャワー使用時 
  壁にかかっているであろう位置より
  10cmほど上ぐらいまでの
  壁全体にシャワーをかける
 (目安 自分の身長より
  少し上ぐらいまで)
 
 ②お風呂椅子に座る方
  壁の前に立った時の 
  腰の位置ぐらいまでの部分に
  シャワーをかける
 (目安 椅子に座った時に
  シャワーがかかっている壁の範囲)

  
次に 洗い場のもシャワーで流す
排水溝に向かって 
 シャワーを動かし流す
排水溝遠い位置からスタート 
 排水溝まで

 
次は シャワーの温度を一番冷たい 
壁と床(温度を一気に冷ます)
冷水シャワーをかけて流す
が終わったら の順番で

 
最後に 浴室から出たら 
換気扇を必ずつける

窓があるお風呂場なら 
窓は絶対に開けない 
(窓があるお風呂場で よく仕事上 
見かけたのは 
換気扇を付けているのに 
窓を開けている方が多くて驚いた…
意味がないと…)

ほぼほぼのお家で付いているであろう 
お風呂場の換気扇は
かなり機能的に優れている

窓を開ける事で機能半減


窓を閉めてこそ 
換気扇の機能が最大限に発揮

される


窓を開けてしまう事で
ほこりなどが浴室に入り
カビの餌となる
事もあるため
   
ですので 窓がある方は 
しっかり閉めてから 換気扇をつけて下さい
(各、換気扇のメーカーさんの
 努力を信じよう)

ミニ情報
窓を開けるのに適しているのは 
空気の入れ替えとして

お昼間 1時間~2時間程度で大丈夫です

お風呂の汚れは何なのか? 
この簡単作業の行動の意味は?

お風呂の汚れはどんな種類があって
この簡単作業が何故汚れの
原因を作りにくくするのかの説明もしておく

理由がわかれば簡易作業をしたくなる

お風呂の汚れは基本的に

赤カビ(ピンクねめり) 
黒カビ 
皮脂汚れ(石鹸カス)
 
水垢

の この4種類

それ以外にも
シャンプー
ボディーソープの成分、
入浴剤の保湿成分、
水道水のミネラル成分も
汚れの一つになります



これらの汚れを栄養に菌が繁殖していき
ぬめり、カビなどが出てくる原理である


この増えて欲しくない菌は 
高温 多湿で繁殖する

赤カビ、黒カビが 
とするのは 皮脂汚れや水垢
この餌がある事によって発生する

原因となるものを 
お風呂上りのひと手間で
少なくしておくという作戦である

高温のシャワーで流す事によって 
この餌となりうる汚れ
熱によって洗い流す

そしてその後すぐ冷水をかけるのは
高温多湿の環境を一気に
低温にする
ことによって
繁殖環境を消す為である

そして 換気扇によって乾燥させる
多湿からの解放

結果
 キレイな状態が維持できる
環境が続く

掃除回数が減る



となる訳である

まとめ

冒頭でも言ったが
毎日掃除をするにこしたことはない

しかし この簡単作業をすることで
できるだけ菌を増やさない
できる限りの汚れを消す

よって キレイな環境を少しでも保てる
掃除回数を減らせる

やらない選択肢はないだろう

ご家族がいらっしゃる方は
最後に入られた方が簡単作業を
されたらいいと思います











   
   
   







タイトルとURLをコピーしました