災害の備えとしておススメ防災グッズ!あなたはすぐ持ち出せますか?

防災非常袋

いつ訪れてくるかわからない災害…
特に地震は予期せぬ状態でやってくる

近年来ると言われている災害として規模が大きい物と言えば
南海トラフ地震、首都直下型地震だ

さて、起こった時、驚きや不安と恐怖の中
すぐに防災グッズを持ち逃げられるだろうかと考える…


近年の災害で防災グッズ、防災商品が多く販売されて
それぞれに準備をしている方も多いだろう

しかし準備をしていても
目のつく場所に置いている人はどのくらいいるのだろう

果たして 驚きと不安と恐怖の中
直ぐに逃げ出さなければならない時
防災グッズを持ち すぐに動けるだろうか…
私の両親はまず無理ではないだろうか…(-_-;)


色々と考えたた中
今回は両親へのプレゼントも兼ね もちろん自分自身の為にも
防災グッズ!おススメを探し当てた!
詳細も含めお伝えしていきたい





災害の備えとしておススメ防災グッズ!あなたはすぐ持ち出せますか?

逃げる時 最低限の持ち物とは!?

防災グッズといえば色々な商品が世の中にある!
実際必要な物は何だろうか

今まで実際に被害にあわれた被災者の方たちの声も
ネットを調べると山の様に知ることが出来る現状

でも実際必要とされるものを全部用意したとしてもかなりの量…
保管場所に困る…
私は悩む
実際用意しておくにこしたことはないが
用意した物を全て持ち出す事が出来るのかと言えばできない

そこで先ずは、すぐに逃げ出す際に
すぐ手に取って持ち運べ 必要最低限の物
を調べる事にした

最低限の持ち物 一覧
★ 
★ 照明
★ 非常用トイレ
★ 非常食

基本はまずこの4つ

これとは別に
レインコート(ポンチョ) ★ゼリー飲料(水やお茶よりはトイレに行きたくなりにくい) ★ブルーシート 耐刃手袋 ★ラジオ ランタン ★千円札と小銭 ★生理用品 ★常備薬 ★消毒液 絆創膏 歯ブラシ ★ボディーシート 消臭ポリ袋 ★タオル  ★ゴミ袋 洗顔料、コンタクトレンズ保存液、髭剃り、メイク落とし 等の日用品
このような物もあると便利(実際被災者の方の声を調べた)

ではこれらの物をカバンに入れたとして
通常時はどこに置いておくか!

起こった時の為とはいえ
まず通常時は置き場所に私は悩む…
両親はきっと押し入れに入れるだろう…(-_-;)

玄関も広いわけではない 部屋も広いわけではない
押し入れに入れては緊急時に出せない
など難問が降り注ぐ…

そして行きついた!
無駄な物は基本入ってなく、置き場所にも困らない!

色々な商品を検討した結果これに出会ったのだ!!

探していた商品はこれだ!


何といっても玄関の扉にマグネットで設置できる優れもの!!
(マグネットで付けられない扉の方に対しては専用フックもあり!!注文時に選べる!!)

しかも洗練されているデザイン!そしてリュックタイプなので避難時両手がふさがらない
重量 約2.5㎏  大きさ 33×33×10.5(㎝)

中に入っている商品も 防災のプロが監修した商品のみ!
食品等も5年保証防災用商品

毎日視界に入ってくる場所で邪魔にならない置き場に困らないすぐ手に取って避難可能!

基本カラー 3色 チャコールグレー・チョコレートブラウン・サンドベージュ

各雑誌でも紹介されている優れものだ!紹介記事はこちら

↓ 商品購入はこちらから ↓

※この商品は緊急時の必要最小限防災グッズ!!1日分だ

最低限の持ち物として最初に紹介した物を差し引いて用意するとしたら

13点防災グッズ+非常用トイレゼリー飲料ブルーシート千円札と小銭生理用品常備薬消毒液歯ブラシボディーシート消臭ポリ袋タオルゴミ袋(洗顔料、コンタクトレンズ保存液、髭剃り、メイク落とし 等の日用品)


もちろんある!ボリュームモデル版!
上記で紹介した商品よりバッグの大きさ入っている防災グッズも全部で21点とボリュームアップ版だ!こちらの商品はマグネットタイプではなくキャスター付きリュックとなっている!
 
こちらは キャスター付きのリュックタイプ!
軽量で約27Ⅼの大容量

グッズもマスクが防塵マスクになり、簡易トイレ、水のいらないシャンプー(手袋式)、大判のウエットタオル、食品を温めるモーリアンヒートパック、水3本、非常食用ごはん、災害用毛布、簡易ベット、緊急用給水袋 等が上記で紹介した商品にプラスで入っている


↓ 商品購入はこちらから ↓

軽量で約27Lの大容量の防災バッグ~3WAY防災バッグ~

最低限の持ち物として最初に紹介した物を差し引いて用意するとしたら
21点防災グッズ+ゼリー飲料ブルーシート千円札と小銭生理用品常備薬消毒液歯ブラシ消臭ポリ袋タオルゴミ袋(洗顔料、コンタクトレンズ保存液、髭剃り、メイク落とし 等の日用品)


まとめ

防災への意識が高まっている昨今だが、実際に防災セットとして用意している人は少ないという統計も出ている。
用意していたとしても避難所まで持って逃げる事が出来なかった方も多いとの事。


実際問題としてどうとらえるかだろう。
食料品に関しては、常備食としてではなく通常食として使いまわしていく事が一番コスト的にも良い。

しかしまず非難をしないといけない時、缶詰めやコンロ、水など全てを持っていくことは不可能に近い。
玄関に常にある商品ならまず間違いなく視界に入る為
忘れることなく持つだろう

冒頭でも記載したが
近年来ると言われている 南海トラフ地震、首都直下型地震
その他 天変地異が多い昨今 台風、河川の氾濫など
様々な災害が起こってくるのはどうしようもない

いざ災害が来た時どう防災商品を用意しておくかだろう

タイトルとURLをコピーしました